1: YG防衛軍 ★@\(^o^)/:2015/08/30(日) 19:36:17.52 ID:???*.net
31日から開幕するテニスのグランドスラムである全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード)に、
来年1月の全豪オープンで引退を表明している元世界ランク1位のL・ヒューイット(オーストラリア)が最後の全米オープンに挑む。

フェデラーら 引退惜しむ声

大きなテイクバックからのフォアハンドと俊敏なフットワークを武器に2001年の全米オープン決勝で
P・サンプラス(アメリカ)をストレートで破り、グランドスラム初優勝を飾ったヒューイット。
その年の11月には世界ランキングで1位の座を手にし、男子テニス界の中心となる。

2002年にはウィンブルドンで四大大会2勝目をあげた。
しかし、翌年のウィンブルドンでは1回戦でI・カルロビッチ(クロアチア)に敗れる波乱に見舞われ、
そこから一時苦しむ時期が続き、世界ランク1位の座を手放してしまう。

再起をかけ、ヒューイットは2004年の全米オープンで3年ぶりの決勝進出を果たす。
決勝ではR・フェデラー(スイス)にストレートで敗れるも、ここからヒューイットは復活する。

2005年には全豪オープンで準優勝を飾り、その後も各大会で上位進出するなど、
これまでキャリア通算30勝をあげた。

ヒューイットにとって全米オープンはグランドスラム初優勝を飾り、復活した地でもある。

全米オープンで最後の戦いに挑むヒューイットは、1回戦でA・ネドビエソッフ(カザフスタン)と対戦する。
初戦突破した場合、2回戦では第24シードで同胞のB・トミック(オーストラリア)と顔を合わせる組合せ。

元王者ヒューイットがニューヨークで最後どんな戦いをみせてくれるかに注目が集まる。

また元世界ランク7位のM・フィッシュ(アメリカ)は今大会を最後に引退、J・ニエミネン(フィンランド)は
今季限りで引退すると表明している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00010005-tennisnet-spo
20150811_hewitt_a-1
続きを読む